STORY

高校3年生の凛は、2年前に他界した祖父の事を思い出し、海を眺めていた。祖父の遺した小説、母親・凛々子の存在、進路…。まるで宙に浮いているような感覚でいた凛を支えたのは、偶然耳にしたある音色だった。映画や音楽を創作していた星は、夢を諦め仕事に就くも、理不尽な状況に怒り、退職。さらには同棲していた彼女とも破局。呼吸しやすい環境に戻り、仲間との酒に溺れ、自問自答の日々を送る。
葛藤の中でうごめく若き2人が出会った瞬間、2人の脳内宇宙は繰り広げられていく。

I'm a paragraph. Click here to add your own text and edit me. It’s easy. Just click “Edit Text” or double click me to add your own content and make changes to the font. I’m a great place for you to tell a story and let your users know a little more about you.