YOU

MUKADA

1987年生。広島育、神戸在住。

神戸芸術工科大学・映画専攻卒

同学まんが表現学科実習助手を務める。
現在はフリーランスとして、映画スタッフである傍ら、

ラクガキ屋=陽MKDとしても活動中。

2018年にはオリジナル画集[陽MKD=You Mukada illustrations-脳内BEAM-]

を出版。

石井岳龍監督「ソレダケthat's it」(染谷将太・綾野剛主演)

にてコミック・アニメ作画担当や

現在、西日本新聞にて連載中の映画監督・石井岳龍「たからのまち」にて

挿絵も担当している。

また、漫画家・しりあがり寿の作品にも携わっている。

 

助監督としては、

加古川を舞台にした映画「36.8℃ サンジュウロクドハチブ」(安田真奈監督/堀田真由・寺脇康文・渡辺真起子出演)や

「ソローキンの見た桜」(井上雅貴監督/阿部純子・斎藤工・山本陽子出演)などがある。

これは「誰かの為に」生まれた映画なんだ。

そりゃあ、この映画を撮ったからなんだ?とクエスチョンもやってきた。

悩んだよね、エゴから始まる、匣なんじゃねーのって。

でも、この映画をみんなと撮れて良かった。成るべくして成すってこの事。

若い作家たちと、もがく大人で今しかやれない瞬間を大切していた。

脳内宇宙の中で、オモチャ匣をひっくり返し、必死に絵を描く。
遊びじゃなくて懸命にやるのは絶対!
匣をひっくり返して、時に怒られる時もあるんだけど、必死に、考え、

遊ばせてくれる家族や信じる人がいる。


だから、叫ぶんだ。
「ありがとうございます」って。

葛藤の渦は少し晴れたようだ。
「さあ。この作品とともに、表現という砂場で新たな形を作らないかい?」
欲求のままに、ちくしょうって思いながらも、生き腐れないように。

この指とまれ!!!巻き込め!もがけーーーーーー!
その姿は美しい!!