1993年 兵庫県生まれ。

神戸芸術工科大学 映画コース卒業。

映像制作会社に勤務していたが1年前に退職。

現在は音楽グループ「ITKAKU (イッカク)」を結成。

日々楽曲制作に励みつつ、ライブイベントや企画を通してそのコミュニティを広げている。

<Discography>

2019.4 2ndアルバム”FOR WHAT?」

2018.9 1stアルバム”SAVE POINT

音楽・青木一能 役/佐野広道コメント

撮影前に音楽を制作した時点では、撮影した映像とかどうか不安でした。しかし、監督の集約力のおかげでその不安は消えました。寧ろ音楽に映像を合わせてくれた部分があり、とてもありがたく思っています。


キャストとして参加した夜の現場は忘れられません。

みんな「表現者モード」というか、非常に良い緊張と緩和があり興奮していました。ようやく上映の日を

迎えることができて本当に嬉しく思っています。

自分の音楽が映画館で流れるというのは少し緊張しますが、大きな快感です

   (2019/出演)

絵画/IKIRU  MIWAKO

分かりやすい事が好きな人が沢山生きているこの

日本で、一度見ただけではもしかすると何だか分から

ないと思う人がいるかもしれない「未熟エッグパンク

ハーモニー」は私が生きて絵を描き続けている感情と

とても似ていました。

そこには人間の感情というものが詰まっていて、一つ

一つの感情が集まってこの映画が完成している、実は

分かりにくく複雑なんかではなくて、とてもシンプル

な作品。何といっても生きている事を感じれます。

難しい事を頭で考えずにとにかく感情で見て頂きたい。あなたの心にも実は在る事を知る筈です。

2012年神戸芸術工科大学ビジュアルデザイン学科

卒業後、アパレル会社に就職しグラフィックデザイン

を担当。

2018年退社後 単身でチェコへ。

​現在はフリーのグラフィックデザイナー。

宣伝デザイン

    /渡邊早紀(わたなべ さき)

初めて作品を見たのは試写会の時。

スタッフやキャストのチームワーク、作品に対する

思いを感じ、フライヤーを制作する上で良いプレッ

シャーを貰いました。
改めて、この作品の魅力を伝えるお手伝いができた

ことを嬉しく思います。

今までの監督の作品からは想像がつかなかった今作。

荒ぶるシーンはおさえめに、なんだか優しい…

若干戸惑いつつ(笑)良い意味でとても新鮮でした。


劇中、星と凛の心情を表すように変わっていく色使い

が印象的です。

要所要所で現れる写真や絵画、音楽も良く、贅沢な

36分。EGG PLANTを中心に、それぞれの繋がりが

あったからこそ完成した作品だと思います。
少しでも多くの人に届きますように。

1996年8月7日生。香川県出身。

神戸芸術工科大学在学時にグラフィックデザインを

専攻しつつ、デジタル写真、フィルム写真を始める。

学部案内や、学内のファッションショーの撮影、

音楽バンドの撮影等を行い、今年春より

株式会社Best-Anniversaryにてカメラマンを務める。

ーーーーーーーーー

<主な作品>
写真集「Fantastic Blue #1e50a2」

     (2018年度 卒業制作)

劇中写真/古巻海璃(ふるまき かいり)

映画の内容を聞いた時に、ちょうど今の私と主人公が被るものがあるな、と思いました。その為、自分に置き換えて映画を観ました。写真は、私の卒業制作で撮影したものの、全く違和感はなく、むしろこの映画の為に撮影したように作中に出して頂き、とても光栄です。